ジャズシンガー奥土居美可の綴れおり
by okudoi
twitter
経済の基礎知識
ライフログ
カテゴリ
以前の記事
検索
先生で生徒
月間「エンターテイメントジャーナル誌」では
「奥土居美可のスタンダードジャズレッスン」というコーナーも
連載させて頂いていてすごい反響を頂いていますが、
ボーカル教室の生レッスンも時々やっています。
内容は1人~4人くらいでスタジオに入り、発声練習を15分から20分、
それぞれの歌いたい歌のオフボーカル(カラオケ)をMDやCDで流して、
一人づつ歌ってもらって、歌い方などを私からアドバイスをしていきます。
とっても上達してくれるので私も嬉しいです。
a0031191_10495184.jpg

歌は教えていますが、ギターは教わっています。
ただ、ほとんど家で練習できないので、全く上達しないです・・・とほほ・・・
レッスン用の譜面を忘れたり、前の回に習ったことはほとんど
忘れてしまっていて「も~っ」とせんせも唸っています。
ごめんなさい、先生。
しかしその先生は諦めずに優しく何度も同じ譜面を書いて
コードの形を書いて教えてくれます。
本当にありがたい。私にとっては素晴らしい先生です。
レコーディングの時は歌の相談もしたり、アレンジの相談もしたり
、誰かのCDを聴いて、話だけで終わる授業も多いです。
歌の方は前回何をアドバイスしたのかはあまり覚えていませんが
毎回新鮮な気持ちで聴いてもきっと同じことを言っているのだと
思います。
生徒の時は1フレーズできるようになったりするとワクワク、嬉しくて
よだれ~みたいな喜び、これはもうたまりませんが、
先生の時は、生徒に何かアドバイスしているときに何か自分でも思いあたり
ギクッとしたり、イヤ~参った、みたいな・・身が引き締まる思いです。
何をしても音楽に触れている時は幸せ。
何をしてもいろんな喜びや学びがやってきます。
by okudoi | 2008-06-14 11:29 | 音楽
<< どんなBGMをつけたくなりますか マクミランのファッションショー >>