ジャズシンガー奥土居美可の綴れおり
by okudoi
twitter
経済の基礎知識
ライフログ
カテゴリ
以前の記事
検索
謹んでご冥福をお祈り申し上げます。ネルソン・マンデラ氏
a0031191_1372887.png


奥土居美可です。

アパルトヘイト撤廃に従事したネルソン・マンデラ氏。

1990年、 28年の投獄から開放され初めて日本へ来た時、
来日歓迎イベントということで、 日大講堂で、忌野清志郎、
シナロケ、サンプラザ中野、ウェストロードブルースバンドの
皆さんと一緒に出演させて頂きました。

私は「コシシケレリアフリカ」という「アフリカに祝福あれ!」という
歌をコサ語で歌いました。

マンデラ氏はステージの隅に座っていましたが、歌い終わると、
すぐ立ち上がり、私の元へかけ寄り、涙を浮かべ私の手を
包みこんで「ありがとう」のようなことばもかけられました。

この歌は世界中の黒人に代々受け継がれている歌で、開放されて、
異国へ思いを告げるためにやってきた、マンデラ氏へぜひお届け
したかったので気持ちが届いたと思い、嬉しかったです。

この歌はその後アパルトヘイト下の黒人たちにたくさん歌われ、
反逆曲となり、やがて97年にマンデラ氏の下で南アの国家と
なっていきます。

日本でこの歌をマンデラさんに届けられて良かったな、と思います。

彼の象のような大きな手に包まれ、絶対にこの歌を機会あるごとに
歌って、人種差別へのあなたの思いを広めていきます。と思いました。
ただ、日本はそこまで切実な人種差別が無いので人種差別を
なくそう、という盛り上がりには至りませんでしたね。

信念に生きることの素晴らしさを教えてくださいました。

合掌
by okudoi | 2013-12-13 13:11 | 日常の出来事
<< メリークリスマス 円の面積は? >>